EF6132B6-B71E-420A-B2D7-E0052AB8BEF7_edited.jpg

井倉幸太郎

Ceramic Sculptor

井倉幸太郎出身於久負盛名的奈良市劍客之鄉的柳生地區,是柳生窯的繼承者。

在大阪藝術大學學習陶藝時,師從白瓷的領軍人物藤原恆信先生。


井倉先生的作品以他獨特的『瑩手』技法為特色。

它不受傳統的束縛,以一種平靜透明的感覺呈現他的作品,柔軟的光線穿過其中,讓人感受到作品本身所帶來的溫暖。


青花瓷的莊重外觀,透明的釉面覆蓋在鏤空的瓷器底座上,使光線能夠穿透。

當你看向釉面時,你會想飲下聚集的光滴。


『瑩手』(ほたるで)是一種使用在瓷器上的裝飾技法,在鏤空透雕的瓷器上淋上透明釉,讓透明釉自然地把孔洞填起來後燒製而成,就像在瓷器的空洞安上玻璃窗一樣。

1979  出身於奈良縣柳生 柳生窯長子

2002 大阪藝術大學工藝系陶藝科畢業

2002 師從冨士原恒宣氏

2002 陶芸教室の講師に就任(2005年退社)

2005 奈良県柳生で作陶活動開始

現在、「青白磁‧白磁‧柳生焼」の作品を制作し、個展等を中心に活動中


主要展覽

2007 井倉幸太郎 『青白磁』 (五風舎 奈良)

酒の器 展 (Gallery堂島)

陶のかたち (Gallery北野坂)

2009 井倉幸太郎 展 (GALLERY道 大阪)

金の玉子 展 (Gallery永井)

2010 井倉幸太郎 『白磁‧青白磁の器』 (ギャラリー百音 大阪)

井倉幸太郎 展 (陶彩 東京)

井倉幸太郎 展 (灸まん美術館  香川) 

奈良の若き工芸家 展 (五風舎)        

〝なら″県庁前アート展 2010        

陶のかたち (Gallery北野坂)

2011 井倉幸太郎 『春の器』 (コマカフェ 大阪)

個展 (高島屋 京都店 美術工芸サロン)

〝陶と書〟(ぎゃらりぃホンダ 大阪)

モノ‧カタチ (ギャラリー〔Yu:An〕)

FIELD MUSEUM SA‧NU‧KI 2011 (香川)

陶のかたち (Gallery北野坂)

2012 井倉幸太郎 展 (灸まん美術館  香川) 

『青白磁』 井倉幸太郎 展 (五風舎 奈良)

井倉幸太郎 展 (三越 名古屋栄店 美術サロン)